Artist Profile

<香港>

■ウォン・フェイパン | Wong Fei Pang | 黄飛鵬(映画監督 Film director

f:id:jcdnAIR:20181108185839j:plain

香港城市大学クリエイティブメディア学部卒業。数本の作品で、カメラマン、編集も担当。『Leave Them Dry and High』は、2015年香港インディペンデント映画祭、 フレッシュウェイブ2014のオープンカテゴリーに参加。 『The Last Map』は2014年香港インディペンデント映画祭の RTHK outsourced drama filmとなった。 『Stray Dog』は、2015年香港インディペンデント映画祭、2014年深圳湾フリッジフェスティバルに参加。第17回ifvaの審査員推薦映画に選ばれた。 『An Odd Fish』,は2014年ブラウンシュバイク国際映画祭でヨーロッパとドイツのプレミア上映を行った。第11回北京インディペンデント映画祭のクロージング、南方影展(台湾)の【華人影片競賽】に選ばれ審査員特別賞を受賞し、香港インディペンデント映画祭でも上映された。香港で大フィーバーした注目作品映画「10年」第2話『冬のセミ』監督。

『十年』予告編 YouTube  https://youtu.be/EDLABKVBPAE

WONG Fei-pang holds a BA (Hons) in Creative Media at the School of Creative Media, City University of Hong Kong. After his graduation in 2013, he works as an independent filmmaker, he also participates in commercial films as a cinematographer. His works were screened at some Asian film festivals like Hong Kong Asian Film Festival, ifva Festival, Hong Kong Independent Film Festival, Beijing Independent Film Festival, South Taiwan Film Festival, etc. He had his film An Odd-fish’s European premiere at Braunschweig International Film Festival 2014 in Germany. He is one of the directors of the film Ten years,and it won The Best Film  in Hong Kong Film Awards. He participated in Asian Film Academy 2015 (part of the Busan International Film Festival in Korea) and received a certificate of excellence for his performance in the event.

 Wong believes that a film is always more than a film. It is a manifestation of a situation or a relationship. Holding such a faith, he is making movies, which are true to the medium itself, true to himself, and to others.

 

 ■ヒュー・チョウ | HUGH CHO | 曹德寶 (振付家・ダンサー )

 ■HUGH CHO |(Choreographer dancer

f:id:jcdnAIR:20181108190056j:plain

香港演芸大学卒業後、2010年~2014、香港のダンスカンパニーUnlock Dancing Plazaに所属し、振付を始める。2012年カンヌ映画祭短編映画部門で上演されたダンスビデオ「Eternal Sunshine」の振付・出演。2015年には短編映画「yellow alert」を監督。2016年、JCDN国際アーティスト・イン・レジデンスの招へいアーティストとして沖縄・北海道にて滞在制作。ダンス作品「Made in Hong Kong」がドイツのタンツメッセに招待される。現在、フリーランスのダンサー、振付家。広東オペラのアクロバットも行う。

Graduated from The Hong Kong Academy of Performing Arts, Cho joined Unlock Dancing Plaza as Artist in Residence from 2010 to 2014,  and started his interest in choreograph. He choreographed and performed in the dance video Eternal Sunshine shown in the ‘Short Film Corner’ at the Cannes Film Festival in 2012. In year 2015, he directed a dance short film ”yellow alert”. In 2016, he was invited by Japan Contemporary Dance Network to Okinawa and Hokkaido for exchange and creation. His dance piece《Made in Hong Kong》was invited to Tanzmesse in the same year. Cho is now based in Hong Kong as a freelance dancer, choreographer and part time Xi-Qu acrobat.

 

f:id:jcdnAIR:20181108192928j:plain

 

■スティーブ | 伍仲偉 (パフォーマー 役者)

  Steve, Ng Chung Was (Rasta)  (performaer actor)

f:id:jcdnAIR:20181108190605j:plain

カポエラの世界的に有名な学校Grupo Capoeira Brasilを卒業し、カポエラのインストラクター・パフォーマーとして活動ている。ヒュー・チョウと共にTS Studioの創立メンバー。また、ベーシストとしてバンドWonderlandに所属。彼が2001年から得たカポエラのトレーニングと経験は、スティーブ自身を表現するユニークな動きと流れをもたらした。2013年香港カポエラ競技会のチャンピオンとなった。2017年には香港で初、ただ一人のプロフェッソール教師となり、そのレベルまで達成したことは、香港の歴史上初めての人物である。ティーブはブラジルを含め米国・仏・オーストラリア・スペイン・メキシコ・東アジア諸国など世界中で数多くのカポエイラワークショップを開催。また、舞台のみならず映画や演劇のジャンルにおいても活躍している。

 A Capoeira professor and a performer, one of the founders of TS crew and TS studio, also the bassist of Hong Kong band "Wonderland". Actively involved and across different performing media and platform.The capoeira background and training gave Steve a unique way to express himself with movements and flow.2013 Steve became the champion in Hong Kong capoeira competition (open). 2017 became the first and only Capoeirar Professoin Hong Kong. The first Hong Kongese to achieve professor level in History. Steve held and participated numerous capoeira workshops over the world, which included : Brazil, USA, France, Australia, Spain, Mexico, Indonesia, Taiwan, Macau and China.Steve also involved in different performing media, for movies.

<日本> 

■川口智子 | Tomoco Kawaguchi(演劇演出家 |  Theater Director

f:id:jcdnAIR:20181108190946j:plain

1983年生まれ。東京学芸大学大学院修了。2008年より演出活動を開始。2010年よりサラ・ケイン『洗い清められ』(訳:近藤弘幸)の連続上演“Cleansed Project”を企画・演出、ひとつの戯曲から4つの異なる上演をつくり上げた。

2014年より“Cleansed”に続く最終章としてケインが未発表のままにした幻の作品“Viva Death”を、不在のテキストとして上演する企画を開始。『#1天使ソナタ』(NPO法人JDCN「踊りに行くぜ!!」2、2015年)、『#2戀鳥歌―LUEN NUI GOH―』(主催:JCDN、協力:香港CCDC、2017年)を発表。2013年~2017年、香港のドキュメンタリー映画監督・卓翔とともに「絶対的」プロジェクトを開始。東京と香港のアーティストの交流の場を開き、多言語による『絶対飛行機』(作:佐藤信)を上演。2018年より、サラ・ケインの遺作『4.48 PSYCHOSIS』上演に取り組む。イギリスのサラ・ケイン研究者、ニーナ・ケイン(キャスト・オフ・ドラマ芸術監督)をドラマターグに迎え、サラ・ケイン没後20年にあたる2019年に本公演、国内外でのツアーを予定。横浜の小さなアートセンター若葉町ウォーフ アーティスティック・アソシエイト。2018年横浜市クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ採択。 

Born in 1983. Graduated from Tokyo Gakugei University Master of Arts. Studied under Makoto SATOH, a playwright, a theatre director. In 2008 she started her carrier as a Director. In 2010, she started Cleansed Project, and have done 4 presentations on Sarah Kanes Cleansed with various kinds of artists, including Actors, Contemporary Dancers, Butoh Dancers, Musicians and Opera Singers. This series has finished its first phase in 2013, and change to new form to present Viva Death ~10 women~, which is a challenge to present Sarah Kanes masterpiece not presented in public. The first scene of Viva Death Sonata op.1 Angel was written and directed by Tomoco in 2015, and performed in 4 cities in Japan, produced and presented by Japan Contemporary Dance Network. 

In 20132017, Tomoco and Cheuk Cheung, a film director in Hong Kong, launched cultural exchange project Absolute Airplane. This project involved young artists in Tokyo and Hong Kong, also have got different backgrounds including traditional performing artists. 

In 2018, Tomoco has prepared to present "4.48 PSYCHOSIS". the last play by Sarah Kane. Dr. Nina Kane, the scholar of Sarah Kane, Artistic Director of Cast-Off Drama, UK, has joined this project as Dramaturg. In 2019, the year of 20th anniversary of Sarah Kane's death, they will present full-scale version of "4.48 PSYCHOSIS" in Japan and overseas cities.

Part-time Lecturer of Tokyo Gakugei University. Artistic Associate of Wakabacho Wharf. 2018 Arts Commission Yokohama Creative Children Fellowship.

f:id:jcdnAIR:20181108191145j:plain

『4.48 PSYCHOSIS』 2018年、若葉町ウォーフ 撮影:遠藤晶

 

阿児つばさ | Tsubasa Ako (美術家 Visual artist)

f:id:jcdnAIR:20181108192007j:plain

photo by Chihiro Ichinose

1991年生まれ。京都市在住。社会に存在する[シナリオ]について、インスタレーション及びパフォーマンス作品を制作する。主な展覧会に2018年「氷橋幌」札幌500m美術館(札幌)、2017年「アンキャッチャブル・ストーリー」瑞雲庵(京都)、2016年「花路里と花路里 / PEGASUS / ど こ や こ こ」3331 Arts Chiyoda(東京)など。主なパフォーマンス・出演に2017年「ぽこぽこアワーはじめの光・編」アートエリアB1(大阪)、2014年「xapaxnannan-私たちの未来のスポーツ-」西京極スタジアム(京都)など。

Tsubasa Ako was born in 1991 and is currently based in Kyoto, Japan. Ako creates scenarios that exist in society. Her works varies from performance to installation, video, photo, drawing , writing and so on. Her recent work is Ice Bridge Poro (2018) and Kwarori (2016).

f:id:jcdnAIR:20181108192306j:plain

kwarori 2016

 

塚原悠也|Yuya Tsukahara

f:id:jcdnAIR:20181108192124j:plain

1979京都市生まれ
2004
関西学院大学文学研究科美学専攻修了 現在、大阪市在住

2006年にダンサーの垣尾優と共に「contact Gonzo」を大阪にて結成。公園や街中で 「痛みの哲学、接触の技法」を謳う、殴り合いのようにも見える即興的な身体の接 触を開始。contact Gonzoとして、ニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、ア ジア、ヨーロッパ、南米の各国のダンス・フェスティバルや美術館でのパフォーマンス企画 へ多数招聘。国内では森美術館「六本木クロッシング」や国立国際美術館「風穴」 展、山口情報芸術センター(YCAM)、瀬戸内国際芸術祭、リボーン・アートフェスティバルなどの現代美術展にも参 加し、パフォーマンスだけでなく、時に数週間の野営なを行い、映像、写真、日記 などを組み合わせたインスタレーション作品を発表。

個人名義の活動としては、2014年にNPO法人DANCE BOXの 「アジア・コンテンポ ラリー・ダンスフェスティバル神戸」や、東京都現代美術館の「新たな系譜学をも とめて 跳躍/痕跡/身体」展などでパフォーマンス・プログラムのディレクションを 行う。また2014年より丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて始まったパフォーマンス企 画「PLAY」にて「ヌカムリ・ジャミポス3部作」と名付けたパフォーマンス作品を3年連続発表。 2011年より2017年まで、セゾン文化財団フェロー助成の対象アーティストとして採択。

Yuya Tsukahara was born in 1979 and is currently based in Osaka. Along with dancer Masaru Kakio, in 2006 he formed the unit contact Gonzo, which began an improvisational style of physical practice resembling a fist fight. They describe their approach as “Philosophy of pain, technique of contact” and perform in parks and on the street. Besides performances, contact Gonzo creates and exhibits installations made with video, photography, and diaries. Tsukahara also works as a solo artist and directs performance programs for festivals. He has been a Saison Foundation fellow artist from 2011 – 2018.

f:id:jcdnAIR:20181108192235j:plain

 

主催:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク

平成30年度文化庁アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業